FC2ブログ

SE職はこれからまだ存在するのか?SEの未来?

●システムエンジニアの日常
10 /20 2017
SEという職種ができてから30年?40年?
さて、10年後はSEという職は存在するのか?

AIでなくなる職業というものがある。
その中に、SE職は、ない。(・・・ないの?よかった)
機械・人工知能・AIが奪う、なくなる職業・仕事のランキング

結論からいうと、存在するでしょうね。
しかし、現在でいう”SE”とは違ったものになるでしょう。



ちょっと話は、横道にはずれて・・・

現在のSIは受注型。顧客が欲しいものを作る。しかし、受注型はこれからも伸びる(儲かる)のか・・・という疑問。顧客のシステム関連の予算も厳しくなり(それだけではないが)、常に利益を出しつづけることができなくなる。つまりは成長が見込めないビジネスになっていくだろう。

でも、システムはなくならないし、人材は必要だし、まだ頑張れば食っていける・・・?
日々の業務が忙しい。忙しいから他のことを考えている暇もない。残業して給料がでるからそれでいい・・・?

10年先、20年先が見えていますか?

激変するIT業界に未来は見えない。SE諸君はこれからをもっと考えなければならないし、今の状況(現場)と未来に対する危機を感じなければならない。
現場では退職する若いSEが増えていると聞く。危機感をもったSEなのか、ある種それは正しい選択。

40代、50代はまだ逃げ切り世代かもしれない。しかし、今の20代、30代のSE諸君は逃げ切れないだろう。



さて、これからSEが生きていくにはどうすればいいか?

これまでのようにチームを組んで、プロジェクトメンバーの一人としてやっていくのは少なくなっていくだろう。受注型が少なくなるし、自分たちのシステムは自分たちでお守りするという形が増えていくだろう。つまりは顧客自身でシステムを保守する形態が主になる。
今のシステムのお守りをするだけのSEは必要なくなる。

これからはチームとしての価値を提供するのではなく個人としての価値が問われるようになる。

その価値を高めようと、すでに動いている企業はたくさんある。
そんな企業にいるあなたはアドバンテージ。現業が忙しいとか言わないで早く動いて追随する。

長年端末の前に座り続けていた、その重い腰を上げてみてはどうか?


ちょっとあいまいだったかな?
何が言いたいかわからなかったかも・・・



↓ランキング参加中。クリックよろしく。
↓今日のランキング順位はこちらから見れます。
GO!
にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
システムエンジニア ブログランキングへ

コメント

非公開コメント