FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケジュールにはSEの人生を感じずにはいられない

●システムエンジニアの日常
02 /25 2015
スケジュールにはSEの人生を感じずにはいられない
⇒メールはこちらまで どうぞ

スケジュールを作るときにいつも文句を言われるのはシステムエンジニア。だが、落ち込むことはない。

■スケジュールの引き方の極意
「無理しないスケジュールを。でも、サバを読まないがリスクをとる」なんのこっちゃ。

心優しき、親切な気の弱いシステムエンジニアはいつも無理をしてしまう。客からは度重なる仕様変更、明日朝まで仕上げろと無理な要求、なんとかしてあげようと無理をする。これがアダとなり再起不能な体になってしまう。

なので、それを見越して無理なスケジュールは組まないのが肝要。

さて、そんな不安をもつSEさんは、余裕をもったスケジュールを組んでしまう、いやサバを読んでしまう。
サバはどれくらい読むのか。

「あなたのママはいくつかなー?」と聞かれ「18ちゃい」と答える幼児くらいにサバを読んでしまう。

・・・なにが言いたいかって、バレバレだってこと。
ばれるのでサバは読まないことが、CCPMの極意。※勉強してね。

さて、リスクをとること。これは必要なことであり、サバではない。
「リスク」と「サバ」この加減がとても難しい。
社内的にはリスクをとってますと言い、対顧客的にはサバなんて見てません・・・どういうこと?
適度なリスクをとったスケジュールはどれくらいなのか、それはサバではないのか、永遠の課題である。

プロジェクトは唯一。つまりはユニークなもの。1つとして同じプロジェクトは存在しないのである。だから、経験を積み、考えていくものである。

【まとめ】
・頑張り屋だから、無理をする
・責任感が強いから、サバをよむ
・完璧を求めるから、リスクをとる

真面目なSEである貴君はこれからも邁進して、SEの道をつき進んでください。


↓ランキング参加中。クリックよろしく。
↓今日のランキング順位はこちらから見れます。
GO!
にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
システムエンジニア ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。