FC2ブログ

SEと高齢化:「キテる老人?」

●システムエンジニアの日常
03 /23 2016
高齢化問題は日本全体で考える問題です。

いまや日本の人口の4人に1人が65歳以上の高齢者。2060年には2.5人に1人になると推計。

週刊東洋経済・3月19日号で「横暴すぎる老人」のなんとも呆れ果てる実態として『キレる老人』を特集しています。
・生涯現役はいいけれど、会社の迷惑シニア
・「元上司」の復帰に周囲は腫れ物扱い
・「昔はよかった」の嘆き型など厄介者は6タイプ
・それでも定年延長に動くワケ
なかなかおもろい。


さて、ここはSEに絞って話をしましょう。

SEは慢性的に人材不足と言われています。
なので、高齢になろうとも引退とはならず日々残業に徹夜。
若い時のような体力はなく、体はついてこない。
また、加齢による脳機能の低下で頭の回転も若き日とは比較にならないほどの衰え。
それを感じずにまだまだできると思い込んでいる老害。

東洋経済ふうに言うと、暴走する老害SEは過去の栄光をひっさげ、そうすべきだという固定観念に包まれ、残業を良しとし頭の回転もトロく意味不明を連発。
これまでの自分の功績を延々と会議で話しし、全く過去の栄光にすがりつき、これまた時間のムダ。
疎まれる存在でしかなく、若い人から見るとはた迷惑な話。ゆとり世代にゆとりを与えない。

さらに、老害とともにシステムの安定性は低下を召喚し、トラブル続出は社会混乱を招き、日本の信用力の低下、株価の低迷、日本経済の低迷へと導くのです。


さて、どうすればいいか。
対策として、女性の社会進出の後押しはわかるのですが、出産率の低下に拍車をかけるとしか思えない。
どこかの学校校長が、女性は2人以上の出産すべしということを言ったのですが、あながち間違いではない。

それと、早めに「老人SE」のためのSEの仕事を考えておくべきではないかと。
どんな仕事って?
そんなのどんな仕事なのかはわからん。
それを考えるのが急務だということが言いたい。
縁側で日向ぼっこをしながら発電できるシステムを作るとか。

ま、これから自分がそうなることを思うと申し訳なく、迷惑かけないようにしたいなと思う限りです。
若い人、ごめんね。先に謝っておきます


あ、わかった!
あなたが結婚して、子供をたくさん作ればいいんだ。
それも難しくて困ってるんだって!?
あ、一夫多妻制にすればいいだ。
経済力がある人に限るで。ついでに、イケメンに限るで。
全然解決になってないな・・・


ま、「早急な対応策が必要」というわけです。
SEのあなたなら、慣れ親しんだ言葉ですね。

良案が思いついたら、また。
それでは。


↓ランキング参加中。クリックよろしく。
↓今日のランキング順位はこちらから見れます。
GO!
にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
システムエンジニア ブログランキングへ

就職活動:SEになりたいのかい、君?

●システムエンジニアの日常
03 /15 2016
今年も就職活動が始まりまっています。

今年は3月1日から解禁だそうで、この手の解禁日、選考開始・内定時期は毎年議論が発生します。人事部門も悩めるところ。

今年は売り手市場らしいが大手企業はとてもとても人気&難易度高でしょう。学歴フィルターという言葉もできてまもなく、学生の誰しもが希望通りとはいかない就職戦線になるのでは。

「学歴フィルター」と聞いて親御さんとしては、無理して高偏差値大学に入れておくべきだったと後悔することもあるとかないとか・・・

高校からは「偏差値で決めずにやりたいことを見つけ、それが叶えられる大学に行くべき」という言葉に心ならずも従ってしまう。当学園の進学実績率の向上にご協力。

親であるあなたがすでに経験し、後悔したにもかかわらず我が子も二の舞。やっぱり高偏差値大学を優先すべきでしたね。残念



このブログの目的の一つ「SEを理解してもらう」。その中のキーワードの一つとして「就職」があります。

SEといえばIT企業が思いつく(ちょっと単純過ぎ・・)
IT企業には独立系、メーカー系、ユーザ系などがあるのですが、IT企業に勤めなければSEの仕事に就けないというわけではなく、どの企業もITは活用しているのでシステム部門は存在する。成熟度の高低はあるが。

※独立系、メーカー系、ユーザ系などそれぞれの特色は本や親切なサイトで説明してくれるのでそちらを参考に・・・と丸投げしてしまう(前記事と同じ戦法)。


さて一つだけ。
ユーザ系SEとその他系のSEの「意識」の違いは感じます。立場が違えばSEでも違うといったところ。

ユーザ系SEのほうがシビアな感じがします。
自分の会社のシステムをお守(も)りしている立場と、他社のシステムをお守(も)りしている立場の違い。

意味、わかります?
ま、ニュアンス的に理解してください。



基本ブラックなのでオススメはSE職以外ということですかね。
それでもSEを目指し就職したい、と凝り固まった方は、まずは幅広い職種を考えて活動し、それでも・・・と思うのであれば、SEという「ぬかるみの世界」に入ってもらえれば。

ま、どんな仕事に就こうが不安なんだけどねー。



鶴瓶・新野のぬかるみの世界1982年4月26日



鶴瓶・新野のぬかるみの世界 - Wikipedia


↓ランキング参加中。クリックよろしく。
↓今日のランキング順位はこちらから見れます。
GO!
にほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
システムエンジニア ブログランキングへ