FC2ブログ

「センパイッ、SEのやりがいって何ですか?」Ⅱ

●システムエンジニアの日常
01 /29 2014
「センパイッ、SEのやりがいって何ですか?」Ⅱ(新人・女性の場合)
⇒メールはこちらまで、mat86jp@gmail.com どうぞ

■回答
「うん、ちょっと忙しいんだけどなぁ・・・

そうだなぁ、じゃあちょっとだけ。
SEやっているとシステム開発プロジェクトの一員になることがある。これからあると思うよ。
そのシステムっていずれ、稼働するって時がくる。

開発している間って、初めて見る言語のプログラミングの勉強したり、一生懸命考えて組んだプログラムが思い通りに動かなかったり、ちょっと怖めの女性センパイに質問しなきゃいけなかったり、技術的なことや人間関係での悩みだとか、また、残業で遊ぶ時間もなかったりするわけ。
仕事だから遊びよりも優先しないといけないこともあるね。
ま、泣きたくなるよな辛い時もあるわけ。(いつも俺たち頑張ってきた~~

でも、自分が携わったそのシステムが稼働するとき、自分が組んだプログラムが正常に動くのが確認できたときって、今までの苦労とか、嫌なこととかがすべて吹っ飛んで、お客サマも一緒になって喜ぶんだよな。
で、お客サマから感謝されるんだよ。ありがとうって。
これってほんと感動じゃね。

その時にほんとにやっててよかったな、って思うんだよ。
それが”やりがい”じゃね。

あなたもいつかはそんな時期がくると思うし、結局はひとつのことをみんな一緒に一生懸命やり遂げ、稼働した時にみんなで喜ぶ、そこに”やりがい”って生まれるんじゃないかな!

・・・と、先輩SEから聞いたんやけどな。(ここだけ小声で)

あ、まだ話の続きあるから、今日飲みに行く?



最近は新たなそこそこの規模のシステム開発も少なくなりました。
すでに稼働したシステムの運用保守プロジェクトが大半になってきましたし、大きなシステム開発は開発しつくした感がありますね。

※ちなみに、新人女性から聞かれたのでこのような回答になったわけではありません。
※こちらもご覧ください。「先輩、SEのやりがいって何ッスか?」
※私、20数年SEやってますが、こんな場面一回もなし

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

「先輩、SEのやりがいって何ッスか?」

●システムエンジニアの日常
01 /25 2014
「先輩、SEのやりがいって何ッスか?」

SEのやりがいってなんでしょう。
⇒メールはこちらまで、mat86jp@gmail.com どうぞ

■シチュエーション
言われた仕事を問題なくこなすようになり、後輩にも指示・指導、お客サマとも仕事の調整ごとができるようになりました。
「俺って仕事できるようになったんじゃね、フッ」と思ってきたあなた。

後輩:「先輩、SEのやりがいって何ッスか?」と言われ、あなたならどう答えますか?
さぁ、考えてみよう。

■答え あなた:「ないよ。早めの転職も大事かな。」
    ※関西の場合:「そんなんあるかいな。グランシャトーの裏に
            ええ店あるから教えたる。」

そう!はっきり言ってあげるのも大事!
イヤ、そうじゃなく・・・夢(儚い夢)を持たせてあげるのも大切、ここでは先輩の威厳を保とう!
★★★
いつどんな質問が飛び出てくるかわかりません。
特に新人さんはいろんなことを聞いてきます。先輩として、しっかりした答えを持っておきたいものです。こんな場合を想定し、多様な質問に対する答えを常に考えておく準備が大切。

では、回答。
”プロジェクトの体制図をみせよう”

あなた:「君がいるプロジェクト全体はこの体制で進めている。君はいまこの位置でこんな仕事をしてもらっている。
3年後にはこの人の立場(××業務チームのサブリーダ)、10年後にはこの人の立場(××業務チームリーダ)を目指して頑張ってもらいたいと思っているんだ。これがやりがいにつながるんだ。」
具体的に目指すところを示してあげ、これからの自分の姿を具体的に思い浮かべられるようにしてあげる。
どうでしょう。

そのためにはプロジェクトの体制図は必須ですね。
あなたのプロジェクトにはきっちりとした体制図はありますか?


■今回は二点
・いろんな質問に対する回答を準備しておこう
・プロジェクトの体制図は作っておく(これは基本です)

※その他いい回答があればメールしてね。



SEの説明はさておき・・・SEの成果ってなに。

●システムエンジニアの日常
01 /24 2014
システム・エンジニア(SE:Systems Engineer)の仕事は、わかりやす~く説明しているホームページや本があるので、詳しくはそちらを参考にしてもらうとして。


知らない人がイメージするSEは、コンピュータ関連の仕事だとか、プログラムを組む仕事だとか、残業が多いだとか・・・
基本的に、SEはお客サマの仕事をシステム化(IT化とも言うがSEの間ではシステム化かな)して楽なったでしょっ、っていう仕事です。
(本当に楽になったかどうかは、お客サマに聞いてみないとわかりませんが。)
お客サマ自身が自分の会社のシステムを作るのもあるのですが、それはまた今度。

お客サマは多種多様。
金融業から流通業、製造業、官公庁等々。
この世の中は「ITなくしてビジネスなし」ってことでしょう。
”経営”=”IT”とも言われてますね。


さて今回は、SEの成果ってなんだろうを考えます。
(SEのやりがいについても別記事で書きましょうかね。)

成果といえば、たとえば、
・問題なくシステムが稼働したぜ。(残業いっぱいしたけど)
・納期遵守したぜ。(徹夜で間に合わせたけど)
・品質いいだろ~~。(みんなの尻叩きまくったからな)
・コストが低減されたぜ。(値切るのに力をいれたからな)
・利益が当初の予定通り出たぜ。(予定通りできたことないから、自慢になるなぁ)
・大規模システムを稼働したぜ。(トラブルで得意の人海戦術!200人も毎日徹夜して稼働したぜ)

システム稼働後の稼働報告では上記のことが、成果としてあげられてます。(カッコ内のコメントは気にしないでください。報告時には黙殺されます。)
※稼働報告や定期的なシステム稼働状況報告などあり、大規模システムの稼働後は、稼働報告会で発表することがよくあります。

それって本当の成果でしょうか?本当の成果ってなんでしょう?
今回の本題。

◆本当の成果って
「モチベーションがあがった。」「やる気が出た。」
「みんなで働く意欲がでた。(コラボレーションが良くなった)」
「元気になった。」

これが本当の成果とエリヤフ・ゴールドラット博士は言ってます。
「本当の成果」がでてくると必然的にコスト、品質、納期という成果がでるとも言っています。


SE20年やっていて「本当の成果」ってこれなのかな、とも感じる今日このごろ。
稼働したけどやる気なくなったなぁ、こんなプロジェクトはもいや、とか思うとダメなんですね。
これからは、本当の成果を目指していこう!

あ、このブログの役目は終わってしまったような・・・
※これから「本当の成果をだすには」を考えていきましょう!

はじめに、SEって知ってる?

■はじめに、SEって知ってる?
01 /23 2014
はじめに、SEって知ってる?

こんにちは。
このブログは、”システム・エンジニア(Systems Engineer)の生態を赤裸々にぶつけていこうとする”ブログです。
※システム・エンジニア(Systems Engineer):略して”SE”

書いてる人は、SE歴が20年を過ぎ自分的にほぼ戦線離脱SEなのですが、まだ一般俗世間ではシステム・エンジニアとして扱ってもらってるので肩書は”一応SE”です。

普段は、
「あ~、いろいろ細かいことめんどくさい!」
「うっせーなぁー、客ってほんとウザイ!」
「残業もしんどいなー!誰か助けろ~」
って思ったりもしてます。
そんな不満をぶつけてしまえと思い立ち、当ブログを立ち上げました。

つまり、ストレス解消ね。
どのような方に読んで頂けたらといいますと・・・

◆現在SEとして従事している方で、
 ・ああ、俺ってこの仕事を続けていいのか・・・
 ・SEをわかってくれない、つらい・・・
 ・残業ばかりでもういや・・・
 ・もうウツになりそうな、オレってウツだよ・・・
と思っているあなた!
同じことを考え、自分のことがわかってくれているSEがいるのか、と安心したいSEのみなさん

◆学生さんへ
・就職活動している方、SEに興味がある方
・何を間違ったか、SEになりたいと一瞬頭をよぎった方
・SEの実態が知りたい方
・IT産業はブラックなのか知り、自分で判断したい方

◆女性、奥サマへ
・旦那がSEらしいのですが仕事の内容がイマイチわからず、毎晩遅く帰って来るので本当に仕事をしているのかな、もしかしてキャバクラ通いでもしているんじゃ・・・と不安になっている新婚の奥サマ(おそらく旦那はキャバクラに通ってます。)
・過去SE(プログラマ含む)をしていたけど、うまく結婚し専業主婦に入りセイセイしているが、たまーにSE時代を思い出し、あんなこともあったなぁ・・・と思い耽ってしまいたい奥サマ
・最近彼になった人がSEやっているって言ったので、どんなことしてるのか・・・の方

”SE”ってものを理解できるようなブログにしようかなと。
ついでに、その周りはこんな感じっていうことも書いていこうかと思います。
内容で「ほんまかいなっ。」と思うことも書くかもしれませんが、それは、ほんまかいなレベルで読んで頂ければ、私の責任も軽くなるというもんです。
※書いていることは本人の主観による事実です。


しかし、このテーマだとアクセス件数が少ない。
SE関連の他のブログも見たりしましたが、アクセス件数の少ないこと・・・
この業界にいる人はまじめなのか、ブログの内容はまじめで日々のエンジニア日誌みたく書いてますね。
ちなみに、このブログは不真面目です。


※質問、疑問、(苦情はやめてね)があればメールなり、コメントなりしてね。こちらは気軽に読ませてもらいます。